主要キャスト 廣世龍桜(廣瀬康幸)
SHOSAKU事務所の芝居をつくるうえで、中心的な存在でした。
一本筋の通った男気があり、大人の舞台を成立させるには、欠かせない役者です。
舞台を積み重ねる毎に安定感が増して、舞台に落ちつきを与えました。
シリアスな芝居をさせたら、抜群の空気感を放ってくれます。

主要キャスト 田中絢子
とても華のある女優で、舞台に登場すれば、パッと明るくなりました。
照明を当ててないのに、その周辺は光に包まれているようになります。
シリアス、コミカル、なんでもござれの、完璧な女優でした。
抜群のスタイルと、かわいらしい美貌で、コアなファンがたくさんいました。
わが社の看板女優として活躍してくれました。

主要キャスト 片野真由子(gallery.M)
本職はデザイナーです。
SHOSAKU事務所のロゴをつくってくれたのも彼女です。
それが何時の間にやら、SHOSAKU事務所の舞台に立つようになりました。
どこにでもいる普通の役をさせたら秀逸でした。
一般人の葛藤や苦闘を尻込みしながら、リアルに演じました。

主要キャスト 清水あきら(Electric Chair)
本職はマンドリンの演奏者です。
表現者として、SHOSAKU事務所の舞台に立つようになりました。
猿のように身軽で、軽快かつ激しい芝居をさせたら、狂ったように演じました。
ノリがとてもよいので、演出しやすい役者でした。
所属楽団のサイト→「嶋田ミュージック」

主要キャスト 花房尚作
芝居の肝として、変人、狂人の役割を担っていました。
平成の極悪人と呼ばれ、多くの人々を傷つけています。
彼に関わると特殊な思考を植えつけられて不幸になります。
関わらないことをお薦めします。

キャスト ほむら
天才肌の表現者で、その存在感は圧倒的でした。
その代償として、台詞はほとんど聞き取れません。
まさしく、もろ刃の剣で、取り扱いがとても難しかったです。
それでも、その圧倒的な存在感に魅かれ、繰り返し出演してもらいました。

キャスト 山崎さとみ
最終公演となった「サイエンス・フィクション」に出演してくれました。
出演当時はまだ大学生で、数学と物理学、および化学を基礎とした、
工学系の勉強をしていました。
とてもかわいらしく、ユーモアのある女優さんでした。

キャスト 関根政幸
力が抜けた役をさせたら、圧倒的な存在感がありました。
いわゆる、ゆとり的な役をさせるなら、史上最強のキャラを演じます。
舞台をゆるくする意味で、確保しておきたい役者さんでした。

キャスト 塩路牧子
出会った時には、既に100人切りを達成していました。
拘束帯や手錠をみせ、自慢げにM話をしました。
稽古場に下着姿で現れるほどの、ド変態でした。
ある意味、本物の女優さんです。

スタッフ(照明) 三枝歩
SHOSAKU事務所の照明を担当してくれました。
現在はニューヨークのブロードウェイで、照明主任として活躍しています。
まちがいなく日本人でNO1の照明屋さんです。


黒柳雅夫氏の絵画
スタッフ(舞台美術) 黒柳雅夫(studio NERO)

本職は画家です。
SHOSAKU事務所の舞台美術を担当してくれました。
演出意図を理解して、こちらが望むものをそのままつくってくれます。
まさに、神の手ともいえる、完璧な舞台セットでした。

スタッフ(音響) グィタァ(ネグィタァ)

SHOSAKU事務所の音響を担当してくれました。
わが社のジングルや、『股間マンの歌』などの編集を手掛けてくれました。
たいへんセンスのある技術者でした。

ざっくりと紹介させていただきました。
その他にも、多くの方々に支えられて、SHOSAKU事務所は興業を行ってきました。
支えてくれたみなさまに心から、深く感謝しています。
また何時の日か、興業をうてる環境にもっていきたいと思っています。
その時は、また一緒に仕事してください。SHOSAKU